初めての出産、育児の体験談をまとめています。本やネットなどにたくさんの情報があふれていますが、出産、育児は一人一人違って当然です。 わたしの体験談も出産・育児の一つの例として参考にしてください。

命名式 - お七夜

命名式・お七夜は、赤ちゃんが産まれてから7日目に行うお祝です。
昔は赤ちゃんの生存率が今ほど高くなかったため、一週間たてば一安心ということでお祝いしていたそうです。

今はどちらかというと、名付けのためのお祝というイメージが強いですね。


<スポンサードリンク>

命名式・お七夜の正式なお祝としては、赤ちゃんの産まれた家の当主が親戚一同を集め、命名式を行います。 今ではパパとママが決めることが多い赤ちゃんの名前ですが、昔は、一族の長老に名付けをお願することが多かったとか・・。
う~ん、ねこママ的にはちょっといやかも^-^;。

そして、命名式が終わったらお祝の膳を囲んで一族で祝宴を開くというのが一般的な流れみたいです。
お祝膳には、赤飯と尾頭付きの魚(鯛や出世魚)を用意するんだそう。

実はねこママ、産後の身体がバキバキで命名式もお七夜もちゃんとしたものはやってません・・。
唯一やったのが、命名書を書くということです。

おそらく、お七夜のお祝はしないけれど、命名書は書くというパパとママが多いのではないかな?と勝手に推測すすねこママです。

◎命名書の書き方
奉書紙または半紙を横二つ折りにし、さらに縦3等分で左右から折りたためるよう折り目をつけて開きます。
三つ折した真ん中右側に小さく「父親の氏名・続き柄(長男など)」・真ん中中央に「命名した名前」・真ん中左側に小さく「生年月日」を、左側の右側に「命名式の日付」と「親の名前」(名付け親がいる場合はその左側に「命名者 ○○○○」)、右側に「命名」と記入し、神棚か仏壇に供えます。役所に出生届を出したら下げて、奉書紙で包んだへその緒と一緒に箱に収め、水引をかけて保存しておきます。
 略式では、市販の命名書や半紙を使用し、中央に「命名 ○○」と書き、左側(命名書は右側もあり)に生年月日を記入します。
神棚などがなければ鴨居や壁、ベビーベッドや赤ちゃんの枕もとの壁ど、目立つ場所にはればよいでしょう。

赤ちゃんのイベント記事一覧


★出産・育児情報サイト★
on-0y.gif
日本最大級の女性限定口コミサイト「ウィメンズパーク」
ねこママも情報収集にいつも利用させてもらってます♪

on-0y.gif
ピジョンインフォ
妊娠・出産に関する総合サイト。とっても勉強になります!

minimid.gif
アトピちゃんママの知恵袋
ねこママは乳児湿疹で悩んだ時に役に立ちました。アトピーかな?っと思ったら是非参考にしてみてください!

minimid.gif
不妊を乗り越えたママたちの体験からできた子宝本「コタマゴ」
なかなか赤ちゃんができない時に、一度読むととっても勉強になりますっ!!

おせち料理特集♪



Powered by NINJA TOOLS

★特集ページ★
QLOOKアクセス解析